japan.internet.com
マーケティング2004年3月19日 00:00

スパムメール、CAN-SPAM Act 発効後も増加

この記事のURLhttp://japan.internet.com/wmnews/20040319/11.html
著者:Robyn Greenspan
海外internet.com発の記事
スパム規制法『CAN-SPAM Act』発効後も、これまでのところスパムメールは減少していない。非営利調査機関 Pew Internet & American Life Project が、そんな内容の新しい調査結果を発表した。それによると、減少どころか、回答者の4分の1近くは CAN-SPAM Act が発効した今年1月1日以降、個人用 Eメールアカウントあてスパムメールが増えたと答えている。

この調査は、インターネットユーザー約1400人を対象に今年2月3日から3月1日にかけて電話で行なったもの。それによると、回答者の24%が個人用 Eメールアカウントあてスパムメールが増えたと回答。19%が仕事関連のアカウントあてスパムメールが増えたと答えている。なお、回答者の半数以上 (53%) は、仕事用および個人用アカウントあてどちらも、スパムメール受信数の変化を感じないと答えた。

Eメールマーケッタの規制および合法化を目的に制定された CAN-SPAM Act は、多くのインターネットユーザーが最も不快感を持つタイプのスパムメール ── ポルノ ── については明らかに減少させたようだ。Pew Internet & American Life Project の調査によると、回答者の71%がポルノ関連のスパムメールを受信している。しかし、そのうち25%は、CAN-SPAM Act 発効前より受信数が減ったと回答。ポルノ関連のスパムメールが増えたと回答したのは16%にとどまった。56%は以前と変わらないと回答している。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.