Marketing

マーケティング

comScore、インターネット計測を修正

Brian Morrissey
2003年2月25日 / 00:00
 
 
comScore NetworksMedia Metrix 部門は24日、インターネットオーディエンス計測方法に問題があったことを明らかにし、2002年10月から12月までのデータを修正した。

同社によると、10月に導入した方法では職場ユーザーの数が過小計測されていたことが判明。修正後の数字では、いくつかのサイトでトラフィックおよび訪問時間が大幅に増加しているという。同社はまた、AWS Convergence Technology の『WeatherBug』など、一部の広告付き無料ソフトウェアに関連した数字についても修正した。

comScore は、問題の計測方法では職場ユーザーを完全に把握できていなかったため、当初のレポートで多数のサイトのトラフィック数が実際より低くなっていた、と説明している。

修正後データの例をいくつか紹介する。Primedia 系サイト (About.com を含む) は、12月の修正後オーディエンス数が25%も増えて4400万人となった。eBay は19%増の5400万人、Terra Lycos は21%増の5160万人になった。

今回の計測ミス問題の発端は、comScore が2002年6月に Media Metrix のオーディエンスパネルを買収したことにある。この買収が行なわれたのは、Jupiter Media Metrix が資金難から資産売却を進めていた時だったが、計測ソフトウェアを手に入れることはできなかった。計測ソフトウェアの方は、特許訴訟の和解のため Nielsen//NetRatings に売却されたからだ。(なお、Jupiter Media Metrix の調査部門だった Jupiter Research は現在、internet.com の親会社 INT Media Group傘下に入っている。)

その計測ソフトウェアを買収できなかったため、comScore はサーバーをベースにした独自の計測システムを採用し、『Media Metrix 2.0』を組み込んでいたのだが、これに問題があったという。
【関連記事】
ヒスパニック系を狙うネット広告が急増
DealTime、3年連続で売上倍増
Eコマースの週間消費額が過去最高に
第3四半期の米 Eコマース、前年比34%の伸び
三菱電機がμT-Engine ボードを開発、現在販売中

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites