japan.internet.com
マーケティング2002年12月18日 00:00

絶滅の危機? Netscape もポップアップ広告を排除

この記事のURLhttp://japan.internet.com/wmnews/20021218/11.html
著者:Brian Morrissey
海外internet.com発の記事
Netscape Communications がブラウザの最新版をリリースし、ポップアップ広告排除の輪がまたさらに広がった。

AOL Time Warner (NYSE:AOL) の ISP 部門 America Online (AOL) が、10月にインターネットサービス最新版『AOL 8.0』を大々的にリリースした際、今後は同グループ以外の企業のポップアップ広告は提供しないと発表していることから考えれば、同じ AOL Time Warner 傘下の Netscape Communications が、最新版ブラウザ『Netscape Navigator 7.01』にポップアップ広告非表示オプションを加えたのも、当然の成り行きといえる。それ以前の8月には、競合 ISP の EarthLink が、自社インターネット接続サービスの加入者にポップアップ広告の表示を阻止するソフトウェアを提供することを決めている。500万人にのぼる同社ユーザーは「うるさい邪魔者」を必要としていないというのがその理由だ。

AOL と EarthLink を合わせると、最大4000万人のインターネットユーザーが何がしかの形でポップアップ広告遮断環境を整える計算になる。これに Netscape のユーザーも加わるわけだが、ネット調査会社 WebSideStoryStatMarket 部門の調べでは、Netscape のブラウザ市場シェアは8月末の時点でわずか3.4%にまで落ちていることから、あまり大きな影響は期待できないかもしれない。

ただ、ポップアップ広告がすぐにも消えてなくなると誰もが考えているわけではない。『New York Times』紙のオンライン部門『NYTimes.com』の広告販売担当副社長 Jason Krebs 氏によれば、ポップアップ広告形式は相変わらずよく利用されており、おかげで2003年のポップアップ広告費は値上がりしたという。

「まだポップアップ広告枠は売れている。われわれの広告主はこの形態に依然、大きな価値を見出しているし、この広告に惹かれてクリックするユーザーがいることも明らかだ」と Krebs 氏。

さらに同氏は、AOL も Netscape もポップアップ広告を完全に排除したわけではないと述べている。EarthLink も最近、この点を指摘した広告キャンペーンを行なった。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.