Marketing

マーケティング

4年の辛抱? iTV 広告売上は05年まで伸び悩むと予想

Christopher Saunders
2001年6月15日 / 00:00
 
 
双方向テレビ (iTV) は、このところ広告技術会社から改めて注目を集めつつあるようだが、十分な広告売上を もたらすまでにはまだ数年はかかる ―― Jupiter Media Metrix が、こ んな調査結果を発表した。

調査会社の Jupiter (ニューヨーク) は、双方向テレビが持つ Eコマースの可能性に関しては楽観的だ。同社 は、2005年には米国内のテレビショッピングの総売上高のほぼ半分を iTV が生み出すと予測している。だが同 時に、iTV 用に作られる CM はテレビ CM 全体の約7%に過ぎないだろうともしている。

Jupiter の上級アナリスト、David Card 氏は、今後数年間にわたって進歩を妨げる問題をいくつか指摘した。

「わが社の調査は iTV 分野で儲けを得られることを示しているが、通信事業者、番組編成者、広告主、それに 販売業者は、まだ iTV 展開に納得を得るためにさまざまなビジネスモデルを模索しているところだ。iTV 広告 の売上は、2005年まではショッピングの売上を上回ることはないだろう。その原因は様々だが、現在の米国経 済の状況、インターネット広告の効果に対する疑問、全米共通の iTV 技術プラットフォームの欠如などが主な ものだ」と Card 氏は述べている。
【関連記事】
双方向テレビ関連企業が「Linux」支持で連合
雲に切れ間 ―― Eコマースの見通しに明るさ
Microsoft、双方向 TV プラットフォームを強力推進
iTV と VOD と PVR をクロスオーバーする広告配信サービス
Web メディア参入には、「広告1番、クオリティ2番」

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites