japan.internet.com
マーケティング2000年12月22日 00:00

MP3.com、Warner Music Group とプロモーション契約

この記事のURLhttp://japan.internet.com/wmnews/20001222/12.html
著者:Christopher Saunders
海外internet.com発の記事
MP3.com は21日、Warner Music Group とプロモーション契約を結んだ。MP3.com は音楽業界がいうところの「合 法」にまた1歩近づいた。

マーケティングとプロモーションの契約期間は3年間で、MP3.com は自社のサイトで Warner Music Group のアーティ ストを取り上げ、MP3.com のおよそ1100万人の会員にアーティストたちの情報をメールで配信するなどのプロモーショ ンサービスを提供する。

Warner Music Group とは別途映像に関する2年間の契約も結ばれ、MP3.com は Warner Music Group に所属するアー ティストのミュージックビデオの使用ライセンスを得る。

両社は、2つの契約の詳細を明らかにしなかった。

両契約は、大手音楽会社と MP3.com との間で和解が進んでいる事を示している。ほんの数カ月前までは、MP3.com は 業界の主流派からごろつきと見なされていた。11月、MP3.com は Seagram の Universal Music Group に対し、5000 万ドルを上回る損害賠償の支払いに応じ、音楽業界大手との最後の訴訟で和解した。MP3.com は訴訟問題を解決するた めに総額で1億5000万ドル余りを支払い、5大音楽会社とライセンス契約を結んだ。

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.