米国 Microsoft(マイクロソフト)は Windows 公式ブログで、「Windows 10」をこの夏、190か国に向けて 111の言語でリリースする、と発表した。

Windows 10 は幅広いデバイス向け設計されており、PC、タブレット、スマートフォン、Xbox One、Microsoft HoloLens、Surface Hub などのあらゆるデバイスに対応するそうだ。また、エレベーターや ATM、心拍計、ウェアラブル デバイスなど、「モノのインターネット」 (IoT: Internet of Things) の中核的なデバイスにも適用される。

Windows 10 の各種エディションには、「Windows 10 Home」「Windows 10 Mobile」「Windows 10 Pro」「Windows 10 Enterprise」「Windows 10 Education」「Windows 10 Mobile Enterprise」がある。

まず、Windows 10 Home は、一般ユーザー向けデスクトップエディションだ。

このエディションでは、デジタル アシスタントの「Cortana」(英語)、Web ブラウザ「Microsoft Edge」(英語)、タッチ操作対応デバイス向け「Continuum」タブレット モード、「Windows Hello」の顔、虹彩、指紋などの生体認証によるログイン、初期状態から使用できる写真、地図、メール、予定表、音楽やビデオなどの「ユニバーサル Windows アプリ」など、多数の新技術が活用されている。

また、Xbox のゲーム体験が Windows 10 に統合され、「Xbox Live」ゲーム コミュニティにアクセスしたり、ゲーム画面をキャプチャして共有したり、Xbox One 用ゲームを Windows 10 PC でプレイしたりできる。

Windows 10 Mobile は、スマートフォンや小型タブレットなど、タッチ操作を中心とした小型モバイル デバイスに最適化された設計となっている。Windows 10 Home と同一の「ユニバーサル Windows アプリ」や、タッチ操作に最適化されたバージョンの Office などが利用できる。

一部のデバイスでは、スマートフォン向け Continuum(英語)で、大画面モニターに接続された PC と同じようにスマートフォンを使用できる。

Windows 10 Pro は、Windows 10 Home を基盤として構築された、PC やタブレット、2-in-1 など向けデスクトップ エディション。デバイスやアプリの管理、企業の機密データ保護、リモートやモバイル デバイスでの生産性シナリオのサポート、クラウド技術の効率的な活用など、小規模企業向けの機能が追加されている。

Windows 10 Pro を搭載したデバイスは、業務利用デバイスの選択(CYOD: Choose Your Own Device)プログラムに対応する企業やヘビー ユーザーには最適な選択肢となる。

また、マイクロソフトでは初の試みとして、リリース後1年間は、対象となる Windows 7、Windows 8.1、Windows Phone 8.1 のデバイスに、完全版の Windows 10 Home、Windows 10 Mobile、Windows 10 Pro への簡単なアップグレードを無料で提供する。アップグレード後は、そのデバイスで Windows 10 を無料で使用できる。

このほかのエディションとして、Windows 10 Pro を基盤に構築された、中規模から大規模の企業向けエディションの Windows 10 Enterprise、Windows 10 Enterprise を基盤とする、教育機関の職員、管理者、教員、学生向けエディションである Windows 10 Education、スマートフォンや小型タブレットなどに最適化された、ビジネス ユーザー向けの設計の Windows 10 Mobile Enterprise がある。

Windows 10 Enterprise と Windows 10 Mobile Enterprise には、ATM、小売店の POS システム、ハンドヘルド端末、工業用ロボットなどの産業用デバイス向けバージョンがある。ゲートウェイなどの小型で低価格のデバイス向けには Windows 10 IoT Core もある。