富士通は、スマートフォンに搭載可能な虹彩認証システムを開発した。利用者がスマートフォン使用時に画面を見るようにかざせば、目の虹彩パターンが読み取られ一瞬でユーザー認証が可能という。2015年度中の製品化を目指している。

富士通、見るだけでロック解除できる虹彩認証スマホを試作、年度内に製品化
スマホのロック解除が見るだけに
(出典:富士通の紹介ビデオ)

虹彩とは、目の黒目(瞳孔)の大きさを変えて網膜に入る光の量を調節する器官。虹彩認証は、虹彩にある皺のパターンを本人確認に利用する生体認証技術の一つだ。虹彩パターンは2歳ごろから殆ど変化せず、外傷を受けにくく、偽造が困難といった長所がある。スマートフォンに搭載すれば、画面を見るだけでロック解除などが行えるため、パスワードを入力する手間が省け、指紋認証と違って手袋をしたままでも、指が濡れていても認証できるなど、利便性を高められる。

指紋認証と違って、濡れた指でも手袋をしたままでも OK (出典:富士通の紹介ビデオ)
指紋認証と違って、濡れた指でも手袋をしたままでも OK
(出典:富士通の紹介ビデオ)

虹彩パターンは、赤外線 LED で赤外線を照射し、赤外線カメラで目を撮影して取得する。富士通は、従来品に比べ高出力かつ小型の赤外線 LED 照明部品と専用の赤外線カメラを開発することで、スマートフォンに搭載できるサイズ/性能の虹彩認証システムを実現させた。さらに、米国 Delta ID の虹彩認証エンジン「ActiveIRIS」を採用。従来の技術だと目を赤外線カメラから 10cm 程度の距離まで近づけないと認証できなかったが、ActiveIRIS により通常のスマートフォン使用時の目とカメラの距離でも認証可能になったとしている。

新開発の赤外線 LED 部品と赤外線カメラ
新開発の赤外線 LED 部品と赤外線カメラ

ほかの方式より手軽で十分高速にユーザー認証が行えるので、スマートフォンのロック解除だけでなく、各種 Web サービスへのログイン、モバイル決済の確認などにも応用しやすいだろう。

ロック解除以外にさまざまな応用が可能 (出典:富士通の紹介ビデオ)
ロック解除以外にさまざまな応用が可能
(出典:富士通の紹介ビデオ)

富士通は、この虹彩認証システムを搭載したスマートフォンを試作し、現在スペインのバルセロナで開催中のモバイル機器展示会「MWC 2015(Mobile World Congress 2015)」(3月2日から5日)に出展している。

富士通の紹介ビデオ