OSS クラウド基盤ソフトウェア OpenStack の普及促進団体である OpenStack ユーザー会(JOSUG)の「OpenStack Days Tokyo 2015 実行委員会」は、2月3日、4日に開催される OpenStack 専門カンファレンス「OpenStack Days Tokyo 2015」の特別企画として、OpenStack コントリビュータ育成プログラム「Upstream Training」(アップストリーム トレーニング)と、クラウドにクラウドネイティブなシステムを構築する技術を体験し、学習する、「クラウドインテグレーション体験ラウンジ」を実施する。いずれも、エンジニア向けの体験型プログラム。

Upstream Training は、OpenStack コミュニティ開発者となるための実践的なトレーニングで、OpenStack の開発母体である OpenStack Foundation が実施するグローバルなプログラム。

OpenStack の機能追加やバグ修正などは、世界130か国1,000人を超える技術者が参加する開発コミュニティが行っている。OpenStack 開発コミュニティには誰でも参加(コントリビュート)できるが、バグ管理システムやコードの品質を保つためのレビューシステムがある。

Upstream Training では、OpenStack プロジェクトの構造、OpenStack コミュニティの参加方法、コントリビューションのプロセスなどを学習する。また、会期の1週間前から、メンターとやり取りしつつバグフィックスを行い、コミュニティへのコントリビューションを実際に体験する。

定員は約20名、参加費は無料。申込みはメールで。

また、「クラウドインテグレーション体験ラウンジ」は、クラウドの「使い方」に焦点を当て、OpenStack に「クラウドネイティブ」な仕組みをインテグレーションしていく考え方と技術を体験、学習できるプログラム。参加費は無料。OpenStack Days Tokyo 2015 の登録者は、事前申込みは必要ない。