インテルは、 14nm(ナノメートル)プロセス技術を採用した第5世代インテル Core プロセッサ ファミリを発表した。採用されているのは 14nm の Broadwell(開発コード名)マイクロアーキテクチャで、ノート PC、2 in 1、Ultrabook、Chromebook、オールインワン デスクトップ PC やミニ PC など向け。

第5世代インテル Core プロセッサ ファミリは、14nm プロセス技術を採用したことで、前世代と比較してトランジスタ数が35%増加、同時に、ダイの大きさを37%縮小した。

アーキテクチャが強化されただけでなく、グラフィックス性能も最大24%向上、また動画変換を最大50%高速化した。さらに、電源管理や設計面の強化により、バッテリ駆動時間を最大1.5時間延長している。
 
インテル HD グラフィックスを搭載した TDP(熱設計電力)15W プロセッサの10 モデルと、インテル Iris グラフィックスを搭載した TDP 28W プロセッサの4モデルの、合計14モデルで提供される。

グラフィックスは、インテル ワイヤレス ディスプレイ(インテル WiDi)5.1 を含む 4K Ultra ディスプレイに対応する。また、インテル RealSense 3D 技術と組み合わせることで、パスワードを使用せず、音声認識機能でログインしたり、ジェスチャーで操作できるなど、より自然でインタラクティブになるそうだ。
 
第5世代インテル Core プロセッサ ファミリ搭載システムは、各メーカーが1月から発表する予定。