NTTNTT コミュニケーションズは、通信の即時回復を可能にする「移動式 ICT ユニット」を用いた実証実験をフィリピン セブ島で実施する。実施期間は2014年12月から2015年9月まで。

移動式 ICT ユニットは、大規模災害の被災地向けに通話やデータ通信の機能を提供するシステム。被災地に搬入・設置することで、避難所などのスポットを短時間で Wi-Fi エリア化する。東日本大震災を機に、NTT、NTT コミュニケーションズ、富士通、東北大学が総務省からの委託を受けて開発した。

国連プロジェクトである実証実験には、総務省とフィリピンの科学技術省、国際電気通信連合が協力。2013年11月の台風で被害を受けたセブ島の自治体職員や住民に、移動式 ICT ユニットが提供する通話・データ通信サービスを利用してもらい、コンセプトや技術の有用性などを検証する。