NEDO プロジェクトで、日立新神戸電機は、高入出力・長寿命鉛蓄電池とリチウムイオンキャパシタを組み合わせた、1.5MW ハイブリッド大規模蓄電システムを開発した。2015年度から、東京電力管内にある東京都伊豆大島の電力系統で、実証試験を開始する。

日立ら、1.5MW ハイブリッド大規模蓄電システムを開発、伊豆大島で実証試験
実証実験のイメージ図

NEDO プロジェクトで、日立と新神戸電機は、2011年度から「高入出力・長寿命鉛蓄電池」と「1.5MW ハイブリッド大規模蓄電システム」を開発している。これまでに、「高入出力・長寿命鉛蓄電池」について、現行高入出力品と比べて1.7倍の高入出力を達成、1.2倍の長寿命化を実現する見通しを得た。また、この鉛蓄電池とリチウムイオンキャパシタを組み合わせ、短時間で大電力の充放電が可能な「1.5MW ハイブリッド大規模蓄電システム」を開発した。

2015年度から、このシステムを伊豆大島の電力系統に接続し、ピークシフトや短周期変動抑制の機能およびその寿命など、ハイブリッド大規模蓄電システムの有効性について検証・評価を行う予定。

気象に左右されやすい風力・太陽光発電などの再生可能エネルギーを大量導入する際に、蓄電システムは余剰電力の再利用や、電力の安定供給を実現する有望な手段であり、実用化に向けたさまざまな取り組みが行われている。なかでも、伊豆大島など独立した電力系統を持つ地域は、再生可能エネルギーの大量導入時に電力系統に与える影響が大きいため、安定化が求められている。