SAP ジャパンは、アマゾン ウェブ サービス(AWS)で SAP ソリューションを活用したクラウドシステム構成の実装を検証するプロジェクトを開始した。

これにより、顧客はクラウドシステムの実装を検討する前に、システム稼働に関する情報を参照できるようになる。

これまで、「SAP Business Suite」「SAP HANA」「SAP BusinessObjects」「SAP Sybase」などの SAP ソリューションが AWS で稼働することが認定されており、SAP ソリューションをシンプルに利用できるため、多くの SAP ソリューション顧客が、クラウド稼働環境として AWS を採用している。

AWS には年間数百ものサービスが追加されており、SAP クラウド運用環境として継続的にイノベーションが行われている。そのため、顧客は、最新サービス、あるいはこれまで利用されたことのなかった先進的システムでの利用を検討する際に、自ら実装前検証を行っていた。

今回、SAP ジャパンがパートナーとのエコシステムでイノベーションを支援する「SAP Co-Innovation Lab Tokyo」(COIL)で、先進的なシステム構成の構築と運用に関して、あらかじめ SAP および AWS パートナーとクラウドシステム構成の実装検証を行うプロジェクト「SAP COIL PoC Project powered by AWS」を開始した。