日本 IBM は、企業ユーザーがサーバー、ストレージ、ネットワークなどを専有する「IBM Bluemix Dedicated」(ブルーミックス デディケイテッド)シングルテナントサービスを開始する。SoftLayer を基盤とした「IBM Bluemix」に追加したサービス。

また、既存システムのアプリケーション機能とデータを Bluemix で活用するための「プライベート API カタログ」も提供する。

「プライベート API カタログ」は、マルチテナントの Bluemix 向けで、顧客ユーザーのオンプレミス環境と Bluemix を安全に接続する Cloud Integration サービスに新たに追加された機能。顧客が運用、管理するオンプレミス環境のアプリケーション機能やデータを Bluemix のカタログに顧客専用アイコンとして追加できる。

同社では顧客ユーザーがエンタープライズ環境で Bluemix を有効活用できるようにするため、IBM 東京ラボラトリー内に「エンタープライズ Bluemix センター」を新設する。

「エンタープライズ Bluemix センター」は、グローバル Bluemix 組織と連携、日本の顧客がエンタープライズ環境で Bluemix を活用するための技術支援を行う。センターは、2015年第1四半期に業務を開始する予定。