NEC は、道路橋などの構造物の内部劣化状態を、カメラで撮影した表面映像から計測・推定できる、世界初の技術を開発した。

映像中の物体の微小な振動を高速かつ高精度に検出できるアルゴリズムを開発、データ量が多く、従来時間がかかっていた解析処理を、映像圧縮などで培ったノウハウを用いて高速化した。これにより、高いフレームレートで撮影された映像を高速解析、構造物表面の多数点の微小振動を同時に計測できるようにする。

また、亀裂・剥離・空洞など、内部劣化が生じている箇所の振動パターンの違いを発見・検出、目視で発見できない構造物内部の劣化状態を推定できる。

この技術では、劣化したインフラを早期発見し、補修作業の優先付けを効率的に行える。また、人手による目視・打音などの近接点検や、点検に伴う足場の構築・道路の交通規制を減らすことができる。