デスクトップ仮想化製品の米国 Parallels は、「Microsoft System Center Configuration Manager」(SCCM)機能が Mac でも利用できる「Parallels Mac Management」の最新アップデート、「Parallels Mac Management 3.1」を発表している。

Parallels Mac Management は、Windows PC と同様に Mac を一括で検出、登録、管理できるもの。最新バージョンでは、ネイティブの SCCM での Mac 管理に加えて、IT 管理者とエンド ユーザーの両方が使用できる、新しいソフトウェア配布機能が提供される。

また、Mac ユーザーが認定ソフトウェアをインストールできるようになるほか、ハードウェアのリフレッシュ サイクルを正確に計画する機能や、暗号化技術を使用した Mac のセキュリティ強化、大規模な企業ネットワークにおける SCCM への Mac の登録プロセスの効率化などの機能が盛り込まれている。