企業向けセキュリティの米国 Palo Alto Networks は、Apple の iPhone 向け OS である iOS と、デスクトップ向け OS である OS X を標的とした、新しいマルウェアを発見したそうだ。マルウェアは「WireLurker」(ワイヤーラーカー:周到に準備する悪人)と名付けられた。

WireLurker は、インストール済みの iOS アプリケーションに感染する前例のないマルウェアで、ジェイルブレイクしていない iOS デバイスに、企業内アプリ配信機能により、サードパーティ製のアプリケーションをインストールできるようにする初めてのマルウェアだそうだ。

OS X の USB 経由で iOS デバイスを攻撃する2例目の既知マルウェアで、バイナリファイルの置換で悪意ある iOS アプリケーションを自動生成する。