1.Tails 1.1.1

Tails は、健忘症の匿名ライブシステムで、NSA(National Security Agency:米国国家安全保障局)がエドワード スノーデン(Edward Snowden)氏を告発したおかげで、一躍有名になった。Snowden 氏は、申し立てによると、プライバシーを保護するために Linux ディストリビューションの Talis を選んだそうだ。

Tails 1.0 の初リリースは4月29日で、Tails 1.1 は7月22日に出てきた。Tails 1.1.1 アップデートは9月2日にリリースされ、バグとセキュリティが修正された。

セキュリティの修正には、オープンセキュア Mozilla Firefox ブラウザベースの Iceweasel ブラウザの要素も含んでいる。

以下は、セキュリティアップデートの全リストだ。

Iceweasel とバンドルされた NSS:発表された MFSA
cups: Debian Security Advisory 2990
linux: Debian Security Advisory 2992
tor: Debian Security Advisory 2993
nss: Debian Security Advisory 2994
openssl: Debian Security Advisory 2998
krb5: Debian Security Advisory 3000
libav: Debian Security Advisory 3003
gpgme1.0: Debian Security Advisory 3005
python-imaging: Debian Security Advisory 3009

2.RoboLinux 7.6.2

Windows ユーザーの Linux 移行支援を試みる複数の Linux OS ディストリビューションがあるが、RoboLinux は非常にユニークだ。

「XP に対するサポートが期限切れになったので、世界中の多くの Windows ユーザーが Windows XP から Linux に移行している。なぜなら、数百ドルを費やしたり、完璧な状態にある PC やラップトップを放り出したりするのを強いられたくないからだ。Robolinux は、”Revolutionary Stealth VM”を Debian OS の内部に考案しているので、すべての Linux OS で動作する特定のバージョンを作ることにした。今や誰でもウイルスフリーの、Linux Mint や Ubuntu 全バージョンとその派生物、RPM ベースの OS の内部で、Windows XP や 7 を稼働させることができる」

新しい 7.6.2 リリースには、いくつかの新機能や改善機能がいくつかある。リモートデスクトップ共有機能、Intel Wi-Fi ドライバ機能などだ。7.6.2 リリースは、 XFCE デスクトップや Gnome デスクトップなどを伴う複数のエディションで利用できる。プロジェクトは現在、今後のリリースに備え、LXDE と KDE に取り組んでいる。

3.Gentoo Iron Penguin

Gentoo はローリングリリースのディストリビューションだが、プロジェクトは時々マイルストーンアップデートをリリースする。それが、Gentoo Linux 20140826 リリースだ。新しいユーザーが Gentoo で稼働させるために、アップデートされたメディアが配布される。

このリリースのパッケージには、Linux Kernel 3.15.6, Xorg 1.16.0、KDE 4.13.3、Gnome 3.12.2、XFCE 4.10、Fluxbox 1.3.5、LXQT Desktop 0.7.0、i3 Desktop 2.8、Firefox 31.0、LibreOffice 4.2.5.2、Gimp 2.8.10-r1、Blender 2.71-r1、Amarok 2.8.0-r2、Chromium 37.0.2062.35 などが含まれる。


Sean Michael Kerner
Sean Michael Kerner は、eWeek および InternetNews.com の主任編集者。