日本 IBM は、SaaS、PaaS、IaaS にまたがって Web で製品やサービスを探索、試用、購入できる、「IBM Cloud marketplace」(IBM クラウド・マーケットプレイス)を発表、サービスを開始した。

プライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドなど、企業のクラウド利用は多様化している。クラウドを活用するには、SaaS で提供されるビジネス コンポーネント、ミドルウェアの構成パターン、仮想環境やセキュリティ ソリューションなどが必要だが、これらのクラウド製品サービスは、スムーズに探索、試用、購入できるのが望ましい。

「IBM クラウド・マーケットプレイス」は、4月から米国を中心にサービスを開始した「IBM Cloud marketplace」を、日本の顧客やビジネスパートナー、開発者用に強化したもの。日本語でのナビゲーション、日本でのクレジットカード利用のサポートなどを開始する。

対象となるのは、IBM やビジネスパートナーのクラウド関連ソフトやサービス。例えば、SaaS アプリケーションとしては「IBM Mobile Web Push」「IBM SmarterCloud Engage」など、PaaS としてはアプリケーション構築/管理/実行環境「IBM Bluemix」サービスや「IBM PureApplication」のパターン、IaaS としては IBM のクラウドサービス「SoftLayer」の仮想サーバー、ストレージなど。