1.Kali Linux 1.0.9

Kali Linux は近年登場したが、セキュリティペネトレーションテスト用の主要なディストリビューションのひとつとなった。Kali Linux には、ディストリビューションの一部として、ユーザーがセキュリティ強度をテストできる、セキュリティツールの長いリストがある。

リリースされた新しい 1.0.9 は、最後の Raspberry Pi B+ ARM コンピュータに対応する。1.0.9 にもまた、バグフィックスと既存ツール更新の長いリストがある。

おそらく、注目すべきは、Kali Linux 1.0.9 リリース自身より、Kali ツールの新しい Web サイトだ。「この新しいサイトは、Kali Linux にある全ツールに関する情報の公式ホームだ」、と Kali サイトは表明している。

「各ツールについて、ツールの説明、ツールホームページへのリンク、著者およびライセンス情報、使用結果があり、Kali の各ユーティリティからどういう結果が期待できるのかを理解できる」

2.Deepin 2014.1

Deepin Linux 2014 は、中国語ベースの Linux ディストリビューションのブレイクアウトリリースで、新しい 2014.1 リリースはその成功に基づいている。

「このバージョンでは、システムの安定性の強化に焦点を当てた」、と Deepin 開発者は書いている。

バグフィックスと安定性は重要であるが、Deeping 2014.1 はまた、Dock プログラムに2つの新しいモードを追加した。「効率モード」(Efficient Mode)と 「クラシックモード」(Classical Mode)だ。全体的に見て、複数のドックモードを持つ目的は、すべて、ユーザーに選択肢を提供するためだ。

3.Ubuntu 14.10 ベータ

Ubuntu 14.10 の最初のベータは Utopic Unicorn として知られているが、現在利用できる。Ubuntu 14.10 の一般公開は、現在10月23日に設定されている。

Sean Michael Kerner
Sean Michael Kerner は、eWeek および InternetNews.com の主任編集者。