23年前の8月25日、現在われわれが Linux として知っている、社会的にも技術的にも偉大な試みが始まった。1991年8月25日、ヘルシンキ大学の学生だった Linus Torvalds は、かつて書かれたものの中で、おそらく最も有名な usenet メッセージを書いた。

日付: 25 Aug 91 20:57:08 GMT

組織: ヘルシンキ大学

minix を使っているみなさん、こんにちは。
  
僕は、386(486) AT クローン用の(無料の)オペレーティングシステム(単なる趣味で、gnu のように専門的なものではない)を作っている。4月以来温め続けていたが、開始する準備が整った。 僕の OS は 幾分 minix に似ているようだが(とりわけ、(実際的な理由で)ファイルシステムの物理的なレイアウトが同じだ)、minix を好きな人、嫌いな人から、この OS についてのフィードバックがほしい。

現在、bash(1.08)と gcc(1.40)を移植したところで、うまくいっているようだ。これで、数か月内に何か実用的なものになりそうなので、みんながどんな機能をほしがっているのか知りたい。どんな提案も歓迎だが、それを実装するかどうかは約束できない:-)

    Linus (torv...@kruuna.helsinki.fi)

追伸:そうだ、これはどの minix コードからも自由で、マルチスレッドの fs がある。(386 タスクスイッチングなどを使っている)移植はできない。おそらく、(僕が唯一持っている) AT ハードディスク以外には対応しないだろう :-(


Linux の始まりはこのように控えめだったが、そこから、全テクノロジー史上で最も変貌力のあるものが立ち上がった。Linux は現在どこにでもある。最小の組込み機器から、全世界のスーパーコンピュータのほぼ100パーセントにいたるまで。

先週のシカゴでの LinuxCon カンファレンスでは、Torvalds は、Linux は次はどこに向かっているのか、と質問された。

「今でもデスクトップを目指したい」と Torvalds は答えた。

最初の設計が「AT ハードディスク以外はサポート」しないはずだったことを考えると、Linux はなんと遠くまで来たことか。デスクトップの夢は、2014年のデスクトップが1990年代と全く同じでないことを考えると、1990年代にそうだったかもしれないものではない。Web サーバーベースのアプリ、モバイル機器、Chromebook の台頭さえもが、今日の Linux ベースのデスクトップをある意味、達成している。

いずれにしても、おめでとう、23年目の Linux。我々の世界である Linux Planet も、現代も、Linux なしでは存在しない。

Sean Michael Kerner
Sean Michael Kerner は、eWeek および InternetNews.com の主任編集者。