ノベルは、エンタープライズ向け IaaS(Infrastructure-as-a-Service)プライベートクラウドソリューション最新版、「SUSE Cloud 4」の販売を開始した。

SUSE Cloud は、データベース、ロードバランサ、ファイアウォールをサービスとして(as-a-service)提供するもの。サービスの標準化により、ユーザー自身がこれらのサービスを管理・構成をする作業が不要となる。

さらに、定義済みテンプレートセットを基に、複数の仮想マシンの制御・調整を自動化するオーケストレーションサービスと、コンピュート、ストレージ、ネットワーキングなど、その他のクラウドサービス間でより緊密に連携され、アプリケーションのスケーラビリティが向上する。

SUSE Cloud 4 は最新版 OpenStack(Icehouse)がベース。分散ストレージシステム Ceph に完全に対応しているので、Ceph ベースのソフトウェア定義型ストレージを導入してコストを削減できる。

SUSE Cloud のインストールフレームワークで、Ceph クラスタを自動的に構成、設定できる。Ceph は一般的なハードウェアを使用した単一のソリューションとして、仮想マシンレベルで持続的なブロックストレージのプロビジョニングができるので、検索と処理を行いつつ、拡張性と復旧性に優れたイメージとオブジェクトのクラウドストレージを構築できる。

また SUSE Cloud は、HA(高可用性)を自動構成できる初の OpenStack ディストリビューションで、プライベートクラウド環境を継続的に運用できる、エンタープライズ級の SLA(サービス水準合意)を保証するそうだ。

さらに、KVM、Xen、Microsoft Hyper-V、VMware vSphere など、複数のハイパーバイザーが混在する環境に対応しているため、クラウド設計で、より多くの選択肢を提供できるという。

VMware vSphere 環境と OpenStack の連携を強化するため、VMware vSphere コンピュートノード、VMware NSX ネットワーク仮想化、ブロックストレージ用の vSphere ドライバに加え、今回新たに VMware のイメージ管理機能と VMware Virtual SAN をサポートする。