新しい Linux カーネルのリリースサイクルが開始され、また、カーネル開発者たちが LinuxCon シカゴに結集するという、Linux Planet にとって大変な1週間だ。

「私は明日のほとんどは飛行機に乗っており、いずれにしろ、マージウィンドウの間、土壇場のプル要求には協力的になれないので、マージウィンドウを1日早く閉じる。3.17-rc1 はもう出た」と、Linus Torvalds は Linux 3.17 rc1 リリース発表の中で書いている。

Linux 3.17 に何があるかという点で、Torvalds は、新しい大きなファイルシステムなどないにもかかわらず、いたるところに変更がある、と指摘した。

「変更の4分の3はドライバだ、そしてその残りの約半分はアーキテクチャの更新で、残りはその他のコアの変更(ネットワーク、ファイルシステムなど)だ」と Torvalds は書いている。

LinuxCon

Torvalds は再び、LinuxCon USA に姿を現す。今回はシカゴで、カーネル開発者サミットと同じ場所での開催だ。Torvalds は、仲間の開発者である Andrew Morton、Greg Kroah-Hartman、Shuah Kahn と一緒にパネルディスカッションで喋るだろう。

ニューオーリンズで開催された LinuxCon 2013 では、スケーラビリティから政府のバックドア事件についてまで Torvalds はあらゆることをしゃべった。

また、2014年には、CoreOS CTO の Brandon Philips が講演するだろう。CoreOS は2014年に出現し、Docker コンテナ開発の主要なプロットフォームになった。Docker といえば、Docker 自身は Solomon Hykes が LinuxCon 2014 でプレゼンテーションを行うことになっている。

どの LinuxCon も、大手ベンダーの基調講演なくしては完ぺきにはならない。シカゴも例外ではない。Intel のオープンソース担当重役 Imad Sousou は、コネクテッドワールドにおける Linux についての基調講演を行い、Cisco の Open Source イニシアティブ CTO の Michael Enescu は、クラウドコンピューティングと物のインターネットについて語る。

IBM もまた、金曜日の基調講演の候補者の Power Systems 重役と話をする予定だ。2013年のイベントでは、IBM は、Linux 上の Power の開発に10億ドルを投資するという、ビッグニュースを発表した。

Sean Michael Kerner
Sean Michael Kerner は、eWeek および InternetNews.com の主任編集者。