1)Android x86 4.4

Google の Android ハンドセットユーザーは、2014年の大半、新しい KitKat リリースの aka Android 4.4 に接続できた。さて、最後の KitKat の途中で、オープンソース Android x86 プロジェクトが現れた。Android x86 プロジェクトは、デスクトップやノートブックの通常の x86 上で Android が稼働できるようにするものだ。

「4.4-r1 リリースは Android 4.4.2(KitKat-MR1 リリース)に基づいている」とリリースノートには記されている。「システムを x86 プラットフォームで、特にタブレットやノートブックでスムーズに稼働させる x86 仕様のコードを追加した」

2) Knoppix 7.4

 Knoppix ディストリビューションは、すべての Linux-Live ディストリビューションのおじいちゃんで、それに続く無数のディストリビューションが敷き詰められている。先週、Knoppix 7.4 がリリースされた。

「KNOPPIX のバージョン 7.4.0 は、通常の Debian 安定版(wheezy)からのものと、Debian テスト/非安定版(jessie)からの、より新しいデスクトップパッケージに基づいている」、とリリースノートには記されている。「現在のコンピュータハードウェアサポートには、カーネル 3.15.6 とxorg 7.7(core 1.16.0)が使われている」

Knoppix 7.4 で特筆すべきは、最新の compiz ウィンドウエフェクトマネージャに対する実験的なサポートだ。さらに、新しいリリースは、ADRIANE として知られる Knoppix トーキングメニューシステムを進化させ続けている。

「A.D.R.I.A.N.E. (Audio Desktop Reference Implementation And Networking Environment:オーディオ デスクトップ レファレンス実装とネットワーク環境) は、トーキングメニューシステムで、コンピュータ初心者が、コンピュータのモニターを見ることができなくても、インターネットに簡単に接続できるようにするものだ」

3) Debian デスクトップ

Debian 開発者は、Jesse として知られる次のメジャーマイルストーンの完成とリリースで競争している。開発プロセスでなされた決定のひとつは、Xfce デスクトップ環境を、典型的な GNOME デスクトップの代わりに使うというものだった。

「Debian GNOME チームの参加者は、全体の問題がいかに処理されるかについて、決して興奮したことはない、と言えば十分だ。それについて何かすべきことがあるのか、あるいは立ち止まらず、この変更がもたらした GNOME パッケージに対するバグレポートが少ないことを喜ぶべきか、最終的に最終リリースまでやり遂げたのかどうか、われわれは逡巡している」と Debian 開発者の Jordi Mallach はブログに書いている。

Sean Michael Kerner
Sean Michael Kerner は、eWeek および InternetNews.com の主任編集者。