NTT コミュニケーションズ(NTT Com)NTT レゾナントは、両社が各種サービス用に運営しているポイント サービス「ポイントーク」および「gooポイント」で不正利用が発生したと発表した。両サービス用ユーザー ID「OCN ID」のうち、1,265アカウントの ID が不正使用されたと疑われ、そのうち568アカウントで不正にポイント交換が行われたそうだ。

両社がポイントーク/goo ポイントの不正利用に気づいたのは7月28日。ユーザー成りすまし行為が2014年7月11日から行われていたという。この OCN ID に対する不正アクセスで、正規ユーザーの許可なくポイントークから goo ポイントへポイントが移行されたり、goo ポイントのポイントが景品やほかのポイントに交換されたりした。

両社は、不正使用された OCN ID のパスワードを変更して利用制限をかけ、該当ユーザーに報告してパスワード再設定を依頼した。不正に移行されたり交換されたりしたポイントは、前の状態に戻すなどする。

また、現在は goo ポイントの新規登録とポイント交換を停止している。今後、ポイントークから goo ポイントへのポイント移行時にパスワード入力を求めるようセキュリティを強化し、7月31日に goo ポイントのサービスを復旧させる。