セキュリティ対策ソリューションのレオンテクノロジーは、クラウド型の「WordPress」専用セキュリティ診断サービス「KYUBI」を本格的に開始した。

KYUBI は、CMS(サイト作成・管理ソフトウェア)のひとつである「WordPress」で作成された Web サイトのセキュリティを診断するサービス。3月からベータ版として開始していた。

日本国内でも WordPress で管理されているサイトが10数万あるとも言われる、人気 CMS だが、その脆弱性を利用した攻撃の標的となることも多く、セキュリティ事故が起きている。KYUBI は、WordPress 専用の低価格のセキュリティ診断サービスだ。

従来のセキュリティ診断は人の手で行うか、あるいは特殊なソフトウェアを使って行い、診断に時間と費用がかかっていた。KYUBI では、診断のすべてがオンライン上で完結し、要する時間は最短で5分。価格は従来のセキュリティ診断サービスの10分の1以下となったそうだ。

誰でも、登録するだけで WordPress 1サイトを1回、診断できるトライアルサービスと、月額料金7,980円の継続監視サービスがある。

トライアルサービスでは、WordPress 本体、プラグイン、テーマの3項目について、総合評価(A〜E の5段階)、脆弱性の概要と詳細、脆弱性が与える影響や深刻度、脆弱性対策方法がレポートされる。継続監視サービスでは、セキュリティ診断回数が無制限となり、定期セキュリティ診断を自動化する設定もできる。個別に、セキュリティ対策の立案サービスも受けられる。