SAP ジャパンは、データ ディスカバリ ソフトウェア「SAP Lumira」(エスエーピー ルミーラ)最新版の販売を開始した。最新版では、企業のデータ分析・活用がよりシンプルになるそうだ。

SAP Lumira は、データを可視化し、直感的にデータ分析ができる、シンプルなユーザーインターフェイス(UI)のアプリケーション。IT の専門知識がなくてもデータを簡単に可視化できるので、現場のユーザーが自分でデータを活用できるようになるそうだ。

ユーザーのローカル環境に保存された Excel ファイルや CSV などのテキストファイル、また、SAP HANA などの主要なデータベースに対応し、これらのデータソースから読み込んだデータを加工しながら、グラフやインフォグラフィックを、ドラッグ&ドロップ操作で作成できる。

最新版 Lumira では、「SAP BusinessObjects」BI プラットフォームとの連携をサポート、扱うデータを SAP BusinessObjects プラットフォームで統制・管理できる。

また、予測分析ソフトウェア「SAP InfiniteInsight」との連携もサポートし、Lumira から予測分析を実行できるようになる。

さらに、分析しビジュアル化したデータをもとに、ストーリーボードと呼ばれるプレゼンテーション用の資料も作成できる。

SAP Lumira で可視化したデータやストーリーボードなどは、「SAP Lumira Cloud」または「SAP Lumira Server」上で共有でき、ブラウザ上から可視化したデータを呼び出すことができる。これらのデータは HTML5 で表示されるため、モバイル端末のブラウザからも確認できる。

なお、Lumira は、Excel ファイルとテキストファイルのみをデータソースとし、ローカル環境だけで利用する場合は、無料でダウンロードして利用できる。また、SAP Lumira Cloud は、1GB までの容量であれば、無料でアカウントを開設し、利用できる。