日本 IBM は、モバイルアプリの開発と実行を支援する3つの製品から構成される「IBM Worklight Platform」の販売を6月30日に開始する。

「IBM Worklight Foundation」は、オープン技術に基づくエンタープライズ向けモバイルアプリケーションプラットフォーム。HTML5/ハイブリッド/ネイティブの各モバイルアプリを効率的に開発/実行/管理できるようになり、開発コストの削減、市場投入までの期間短縮、モバイルアプリケーションのガバナンスとセキュリティ向上が可能になるという。

「IBM Worklight Quality Assurance」は、エンドユーザーからの評価の分析や、アプリのバグやクラッシュの報告/解析、および自社/他社のアプリの評価などを通して、継続的に品質改善を支援する。

「IBM Worklight Application Scanning」は、開発段階でコードレベルのセキュリティ検証を行い、モバイルアプリ開発のコストとリスクを減らす。

統合開発環境(IDE)から IBM Worklight Foundation で開発したコードと連携することも可能だ。また、「IBM Worklight Studio」と統合することで、IDE 内で IBM Worklight モバイルアプリ用のセキュリティ分析機能を提供する。さらに、「IBM Security AppScan Enterprise Server」と統合することで、カスタムルール、スキャン構成、フィルターの共有など、モバイル開発に必要なセキュリティを適用するという。

参考ライセンス料金は以下の通り。

「IBM Worklight Foundation」は、551万2,300円/サーバーインストール + 1接続機器(税抜)。
「IBM Worklight Quality Assurance」は、357万円/アプリケーション (税抜)。
「IBM Worklight Application Scanning」は、64万3,200円/1ユーザーあたり(税抜)。