ノベルは、「SUSE Linux Enterprise Server」と「Red Hat Enterprise Linux」の両製品を管理できる Linux サーバー管理ソリューション最新版「SUSE Manager 2.1」の販売開始を発表した。

SUSE Manager 2.1 では、アセット(資産)管理、プロビジョニング、パッケージ管理、パッチ管理、構成管理、再配置機能に対応、Linux 環境でライフサイクルを包括的に管理できるそうだ。

SUSE Manager 2.1 は、オープンソースプロジェクト「Spacewalk 2.1」がベースで、小型画面向けの閲覧機能が向上しており、関連する管理アクションをワンステップに一元化して実行できる「アクションチェーン機能」、IPMI(Intelligent Platform Management Interface)プロトコルを通じてベアメタルシステムの電源のオン/オフ、再起動できる「無人ベアメタルプロビジョニング機能」などがある。