米国 IBM は、「POWER8」プロセッサを搭載した「IBM Power Systems」サーバーの出荷を開始した。

IBM Power Systems は、ビッグデータ時代に向けて設計された新サーバーで、IBM のテスト結果によると、Power Systems 上で BLU Acceleration を実行しているシステムは、同等構成の x86 ベースのシステムと比べ、82倍の速度で分析できるそうだ。

6月10日から出荷された4機種の Power Systems サーバーのうち、3機種は、スケールアウト型コンピューティング環境向けに設計されており、Linux、AIX、IBM i など様々な OS を実行できる。なお、「Power S822L」は Linux 専用機。

IBM は Linux をイノベーションの原動力と位置付けており、昨年度、「Power Systems」サーバー向け Linux とその他の OSS 開発のため、10億ドルを投資した。主な投資対象は、新製品の開発、Power Systems Linux センターのグローバル ネットワークの拡大(5拠点)、そして x86 ベースのアプリケーションを Power プラットフォーム上で無償でテストして移植する開発クラウド「Power Development Platform」。

また IBM は、4月に新しい「Power Systems」を発表したのと同時に、Linux ディストリビュータ Canonical との協業も明らかにしていた。Power Systems サーバーでは、Ubuntu Server、Ubuntu OpenStack、Canonical の Juju クラウド オーケストレーション ツールの最新版を利用できる。Red Hat および SUSE Linux は Power Systems の全ラインアップですでに利用できるが、今回の Ubuntu への対応はこれを補完するもの。

さらなる Linux 向け強化は「PowerKVM」の提供だ。PowerKVM は、Linux ベースの仮想化プラットフォーム、KVM の Power Systems 互換バージョン。Linux を専用 OS とするすべての POWER8 システムに搭載する。PowerKVM は、Power 環境での Linux 開発、実行、管理に利用できるオープンなソフトウェアスタックを補完し、2013年10月に発表された OpenStack を基盤とする「PowerVC」も、PowerKVM と Linux を稼働するシステムを含む新しい Power Systems に対応している。

POWER8 プロセッサを搭載した Power Systems の開発には24億ドルが投資され、3年以上が費やされた。また、数百件もの IBM の特許に基づいている。

IBM は今年1月、x86 サーバー事業からの撤退を表明、中国 Lenovo にサーバー事業を売却すると発表していた。

今後 IBM は、x86 サーバーに別れを告げ、ビッグデータ時代に向けた Power Systems と Linux による新世代サーバーに専念する。