ミクシィの運営している SNS「mixi」に不正ログイン攻撃が行われた模様だが、同社は被害を受けた該当ユーザーだけにメッセージで個別通知している。mixi ユーザーの各ページや「運営者からのお知らせ」ページ、同社トップページには、記事執筆時点(6月10日11時45分現在)、関連情報が掲載されていない。

インターネットコム編集部が入手した「mixi 運営事務局」から該当ユーザーに送られたメッセージによると、「いつもと違うパソコンやスマートフォン、場所から mixi へのログイン」が行われ、その日時、ログイン元 IP アドレスなどの情報が記載されていた。そして、「自分でログインした心当りがない場合は、パスワードを変更する等の対策」をユーザー自身に実行するよう求めている。

さまざまなメディアの報道によると、約4万件のアカウントが影響を受けたとされている。しかし、ミクシィが情報を公開しないため、実際の被害規模は不明。