米国 Google は、Web ブラウザ「Chrome」使用時に通信内容が盗聴されて漏洩することを防ぐ手段として、通信を暗号化できる Chrome 拡張機能「End-to-End」のアルファ版を公開した。特に Web メールの保護を想定しており、「Gmail」のメッセージを簡単に暗号化して、送信者と受信者だけにしか読めないようにできる。ソースコードを公開することで多くの研究者/開発者に検証してもらい、十分な水準に達したら「Chrome Web Store」で一般提供を開始する予定。

End-to-End は、多くのシステムに採用されている公開鍵方式の暗号化技術 OpenPGP(IETF RFC 4880)を、新開発の JavaScript 暗号化ライブラリで Chrome 用の拡張機能として実装したもの。Chrome から送信されるメッセージは暗号化され、受信側で初めて復号されて読める状態になる。以前から PGP や GnuPG など同様のツールは存在しているが使い方が複雑なため、End-to-End では簡単に使えることを目指すという。

End-to-End を使うと、Chrome でメッセージの暗号化と復号だけでなく、鍵生成、電子署名(デジタル署名)、署名検証も行える。

現在はまだアルファ版であり、完成度を高めるためにソースコードを公開している。セキュリティにかかわるバグが見つけられた場合、Google は発見者に報奨金を支払う。