SRA グループのクレディストは、米国 SightLine Systems の製品を利用した「設計環境 (CAD/CAM/CAE)リソースモニタリングサービス」を開始した。

SightLine 製品は、従来の単なる監視ツールの領域を超え、システムリソース、アプリケーションログ、イベントログなど複合するイベントをリアルタイムにモニタリングし、多角的に分析・トレンド予測するパフォーマンス管理製品。

IT システムのボトルネック診断やキャパシティ管理はもちろん、売上データや Web アクセスログなどのビジネス データと合わせて分析することで、業務プロセスのパフォーマンスのボトルネックを洗い出すことができる。

クラウドサービス、オンプレミス環境の融合・仮想化環境では、断片的なパフォーマンス分析ではなく、様々な情報の継続的な分析が重要だ。しかし、大規模なネットワークを含んだ IT システムでは、障害発生時のパフォーマンス情報取得が開発・運用担当者のスキルに依存しており、復旧に多くの労力がかかる。

また、従来のシステム監視体制では、仮想環境の障害発生時の対応に限界があり、アプリケーション、ストレージ、サーバー、ネットワークまで統一的に管理できるものが必要だ。

今回のモニタリングサービスは、そういった課題を解決するもの。