IT インフラのソリューションのネットワールドは、VMware が「Software-Defined Storage」(ソフトウェア定義のストレージ)分野の最初の製品「Virtual SAN」(VSAN)製品を正式リリースしたことを受け、その販売と導入支援サービスを開始する。

また、ネットワールドのパートナー向け教育プログラムとして、VSAN 無料ハンズオントレーニングを開始する。

VSAN は、各サーバーに内蔵された HDD を束ねてサーバー内蔵の SSD または PCIe フラッシュメモリのキャッシュで高速化してディスクグループを作成し、サーバーごとのディスクグループをネットワーク越しに束ね、仮想的な共有ストレージにするソフトウェア。

これにより、仮想化ハイパーバイザーのクラスタ機能を実現するのに、物理的な共有ストレージをもつアーキテクチャが不要となる。

また、VSAN の仮想マシンは、従来の共有ストレージを利用した場合の画一的なサービスレベルではなく、それぞれに設定された VSAN のストレージポリシーに基づいて、パフォーマンスやキャパシティ、サービスレベルを設定/管理できる。

VSAN では、共有ストレージの代わりにサーバー内蔵の SSD と HDD を活用できること、きめこまかいサービスレベルを設定できること、サーバーを追加して、ストレージのパフォーマンスやキャパシティを追加できる、というメリットがある。

ネットワールドは VMware の認定ディストリビュータで、VMware ソリューションプロバイダーであるパートナー向けに、仮想環境の導入を支援するサービスとして、仮想インフラ構築、仮想インフラへの移行、DR 環境構築、仮想デスクトップインフラ構築などの様々なサービスを行ってきた。

今回、これらを、VSAN を対象として拡充し、VSAN の導入支援サービス、VSAN の無償ハンズオントレーニングを追加した。また、ネットワールドが昨年オープンした「Pre Integration Center」(PIC)を利用し、VSAN 環境を出荷前に構築するサービスも行う。