1. Linus vs. Systemd 開発者 Kay Sievers 氏

【LinuxTutorial】Linus が Kay に噛みつく、Linux 3.14 に「PIE」搭載、ファイルストレージサービス「Ubuntu One」終了
Linus Torvalds 氏は、彼の頭を悩ます事態が発生したとき、おとなしく黙っているタイプの人物ではない。先週、Torvalds 氏は SystemD 開発者である Kay Sievers 氏に噛みついた。Torvalds 氏は、Linux カーネルメーリングリストに次の投稿をしている。

「Kay、私は、君が君の書いたコードの問題を片づけてくれないことに、心底うんざりしている。そのせいで、カーネル側が君の引き起こしている問題に対処しなければならなくなっているのだ。

≪中略≫

私はメンテナーがバグやリグレッションに対処しないものをマージする気はない。また、他のプロジェクトの人々に君の問題の修正を強いる気もない。私は、問題を片づけない、あるいはそれが自分の対処すべき問題だと認めない人からのパッチを受け付ける気はない。

Kay、もう一度言う。その問題を引き起こしているのは君だ。君は、それを修正しなければならない」

2. Linux 3.14 に「PIE」搭載


Linux 3.14 は3月30日にリリースされた。このカーネルが「Pi(パイ)」と名付けられることも、パイの日(3月14日)にリリースされることもなかったが、カーネルの一部には PIE が含まれていた。

Linux カーネルでのバッファの膨張を防ぐため、Linux 3.14 カーネルには、新たなパケットスケジューラ「Proportional Integral controller Enhanced(PIE)」が搭載されたのだ。これは、2013年6月の IETF ドラフトで提案されたものだ。

3. ファイルストレージサービス Ubuntu One が終了

先週、Canonical CEO である Jane Silber 氏は、ファイルストレージサービスの戦いにタオルを投げ入れた。同氏は、Canonical の公式 Blog に次の投稿をしている。

「他のサービスが当たり前のように 25GB から50GB の無料ストレージを提供している状況では、無料ストレージサービスの戦いは我々にとって持続可能なものではない。もし、サービスの提供を継続するのであれば、我々は Ubuntu One をグローバルスケールで競合可能なものにしたい。だがそれには、我々が望む以上の投資を必要とする。我々は、完璧なクラウドサービス構築のために投資するのではなく、オープンプラットフォームやパートナーのサービスとコンテンツにフォーカスすることを選択した」

サービス終了後は、Ubuntu One のコードはオープンソースとなり、利用者はソースコードを入手して自分専用のクラウドサービスを構築可能になるという。

Sean Michael Kerner
Sean Michael Kerner は、eWeek および InternetNews.com の主任編集者。