理化学研究所(理研)の発生・再生科学総合研究センター(CDB)で細胞リプログラミング研究ユニットの研究ユニットリーダーを務める小保方晴子氏は、同氏が生成成功したとしている「STAP(Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency)細胞」に関する論文を理研から「捏造に当たる研究不正」があるなどと指摘されたことを受け、4月9日13時より記者会見を行う。会見の模様は、ドワンゴとニワンゴが動画配信サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」で生中継する。番組名は「小保方晴子氏 記者会見 生中継<STAP細胞・最終報告書に対する不服申し立て>」。会見には、小保方氏のほか弁護士の三木秀夫氏と室谷和彦氏も登壇し、理研から「捏造」とされたことに対して不服申し立てをするとみられる。

今回の STAP 細胞に関する問題で、理研の設置した調査委員会は調査報告書を公表し、小保方氏らの論文に問題があると指摘すると同時に、細胞が分化前の状態に戻る(初期化)STAP 現象そのものの検証も行うとした。一方、小保方氏は調査報告書に対するコメント(PDF 文書)を出し、「研究不正と認定された2点」を「悪意のない間違い」と主張。「改ざん,ねつ造と決めつけられたことは,とても承服できません。近日中に,理化学研究所に不服申立をします。」との意志を示した。

なお、NHK や毎日新聞などの報道によると、STAP 細胞問題は小保方氏が博士号を取得した早稲田大学理工学術院の先進理工学研究科にも飛び火し、同研究科は約280本ある過去のほぼすべての博士論文に盗用などの不正が存在しないかどうか調査するそうだ。