金沢市のシステムサポート(STS)は、Oracle Database の緊急トラブルに対応する保守サービス「駆けつけサービス」を発表した。4月1日からサービスを開始する。また同時に、関連サービス「チケットサービス」をリニューアルする。

「駆けつけサービス」は、Oracle Database の緊急トラブルに関する相談を24時間受け付け、可能な限り現場に駆けつけて対応するサービス。10万円の定額料金(税別)で、専任の「ORACLE MASTER」保持者が直接対応してくれる。

「チケットサービス」は、トラブル発生後の保守を継続的に行うサービスで、「駆けつけサービス」後の保守にも対応できるそうだ。常駐要員なしで、必要な時だけ使える定額チケット制。10チケットで65万円(税別)。

システムサポート、オラクル DB「駆けつけサービス」を開始
Oracle Database の緊急トラブルに対応する保守サービス「駆けつけサービス」