米国 Google は、居場所や状況に合うと思われる情報のプッシュ通知機能「Google Now」を、Web ブラウザ「Chrome」の Windows および Mac 向け安定版でも提供開始した。Google の「Chrome OS」搭載ノート PC「Chromebook」でも利用可能。対応言語は、Chrome の全対応言語。今後、数週間かけて利用可能なユーザーを段階的に増やしていく。

プッシュ通知機能「Google Now」が PC 版 Chrome で利用可能に、スマホの位置情報と連携
パソコン版 Google Now の表示例

Google Now は、ユーザーの位置情報やスケジュール情報を参考にして、移動経路/時間、フライト情報、天気予報、ニュース、近隣情報、交通状況などを、ユーザーに必要とされるであろうタイミングに合わせて通知する機能。各情報は、「カード」という単位で表示する。これまで Android スマートフォン/タブレットと iPhone/iPad/iPod touch に対して提供していた機能で、パソコン向け Chrome では少し前から試験を行っていた。

iOS 版 Google Now の表示例
iOS 版 Google Now の表示例

パソコン版 Google Now は、Google Now を使っているモバイル端末と同じユーザー ID「Google Account」で Chrome にサインインし、「通知センター」(Google 検索ページや Google+ 画面に表示されるベル型アイコン)からアクセス可能な設定メニューから有効化できる。

パソコン版で表示されるカードは、モバイル版向けの一部。天候など位置情報によって表示内容の異なるカードは、ユーザーのモバイル端末がある場所を基準に生成される。複数のモバイル端末で Google Now を使っている場合は、普段持ち歩いている端末など、特定の端末で位置情報の共有設定を有効にすることで、居場所に応じて適切な情報が表示されるようにする。

Google Now の紹介ビデオ