セキュリティアプライアンス Barracuda Networks の日本法人、バラクーダネットワークスジャパンは、同社の「Barracuda NextG Firewall」が、「Barracuda Web Application Firewall」に続いて、Windows Azure で利用できるようになったことを発表した。

Barracuda NextG Firewall が Windows Azure で利用できるようになったことで、オンプレミスのネットワークから、Windows Azure または Windows Azure の Vnets に対して、次世代ファイアウォールと高速(1Gbps 以上)で安全なサイト間リモートアクセスが可能になる。

また、Barracuda Web Application Firewall が Windows Azure と完全統合することで、アプリケーションパフォーマンスとワークロードの要件を満たす、ダイナミックなスケールが可能になる。さらに、Web アプリケーションや、Microsoft SharePoint などのサードパーティの、パッケージ化されたアプリケーション向けに事前定義されたセキュリティテンプレートにより、企業規模を問わず、複雑なテクノロジーの学習、構成、管理が不要なアプリケーションセキュリティを確保できるようになる。

バラクーダ NextG Firewall、Microsoft Azure に対応
Windows Azure と Barracuda のデモ動画より