この4月には、iPhone などでソニーのブルーレイレコーダーを遠隔操作し、放送中のテレビ番組や録画番組を外出先からインターネット経由で視聴したり、新たに録画予約したりできるようになる。専用アプリケーション「TV SideView」を利用する。Android 版は対応を始めており、500円の有料プラグインを入れると使える。4月下旬に iOS 版も対応予定。

iPhone で外出先から自宅の TV をリアルタイム視聴、ソニーのブルーレイレコーダーが新機能
ソニーの公開したイメージ図

ソニーの液晶テレビ「BRAVIA」向けのリモコン/電子番組表(EPG)アプリだった TV SideView を改良し、同社製ブルーレイレコーダーの遠隔操作機能を順次追加する。

TV SideView に新機能を順次追加予定だ
TV SideView に新機能を順次追加予定だ

TV SideView アプリの EPG から見たい番組を選ぶと、外出先からでも、ブルーレイレコーダーで受信している放送をネット経由で視聴できるようになる。通信状態に合わせて、720P/360P/180P いずれかの画質を選択することも可能。 これに加え同アプリからブルーレイレコーダーや外付けハードディスクに録画した番組の一覧を確認し、任意のものを視聴できる。

なお、あらかじめブルーレイレコーダー本体や iPhone などをホームネットワークに機器登録しておくことが条件となる。

ブルーレイレコーダーの対応機種は2013年秋以降に発売した「BDZ-ET2100」「同 ET1100」「同 EW1100」「同 EW510」「同 E510」の5機種。ただし、BDZ-E510 は録画番組の視聴のみ対応する。いずれもデジタル放送ダウンロードによる更新が必要となる。

TV SideView アプリの対応 OS は Android 4.0.3 以降 または iOS 6.0 以降。iPad や Android タブレットでも利用できる。