ドイツ Steganos Software は、同社の VPN 暗号化技術を用いたインターネット接続保護ソフト「Steganos Online Shield」が Android OS 搭載のスマートフォン/タブレットに対応したと発表した。アプリケーションを Google Play で提供中。公共 Wi-Fi や、暗号化されていない Web サイトでも安全に利用できるようになるという。

インターネット接続保護ソフト「Steganos Online Shield」が Android OS 搭載デバイスに対応
Android OS のスマートフォン/タブレットで利用できる

価格は月額税込350円。1年間ライセンスの税込3,980円も選べる。1ライセンスで Windows PC を含む5デバイスに対応する。すでに発売済みの PC 版ソフトウェアを利用しているユーザーは、そのライセンスで Android OS 版も利用可能だ。 また、月々 500MB のデータ容量までなら、広告もなく無料で利用できる。

Steganos ロゴ
Steganos ロゴ

日本以外でも海外10か国の IP アドレスを利用できるので、地域制限がかかったサービスでも、閲覧できる地域から IP アドレスを取得することで利用できるという。

低消費電力なので、頻繁に同ソフトウェアを利用しても電力の消耗の心配は無用だという。また、同社の安全かつスピードの速いサーバーを使ってインターネットにアクセスするので、接続速度が遅くなることはないそうだ。