新たな万能細胞「STAP 細胞」の論文に投げかけられた疑問に対する調査の中間報告書を、理化学研究所(理研)が Web サイト上に公開した。6つの調査項目のうち2つに結論を出し、データに不適切な取り扱いはあったが、研究不正にはあたらないとした。残り4つについては継続して調査するという。

STAP 細胞論文「研究不正にあたらず」「継続して調査」、理研が中間報告をWeb で公開
理研が Web サイトに掲載したスライド資料の一部

理研は以前から STAP 細胞を作成するための実験手順について詳細な解説を公開するなど、インターネットを通じた情報発信に積極的だ。

今回も中間報告書だけでなく、問題となった画像を検証したスライド資料や、関係者のコメントを複数掲載している。理研の理事長である野依良治氏、発生・再生科学総合研究センター長の竹市雅俊氏、そして論文著者である小保方晴子氏らが、それぞれの立場から書いている。

特に、論文の取り下げに関する勧告や著者の意向については、これらのコメントのいくつかが言及している。