デンソーは、3月15日から4月12日にかけドワンゴと日本将棋連盟、が開催する「第3回将棋電王戦」に協賛、コンピュータソフトウェアの指し手を盤上に再現するロボットアームを、全5局で提供する。

第1回と第2回将棋電王戦をはじめ、これまでのプロ棋士とコンピュータソフトの対局では、ソフトウェアが指示した手を人間が代わりに指していたが、今回、プロ棋士の向かい側に鎮座し将棋を指す相手は、将棋のプロ棋戦用に開発されたロボットアームとなる。

ロボットアームは、デンソーの子会社である愛知県のデンソーウェーブが開発した垂直多関節ロボット「VS-060」をベースに、一部開発・改良を施したロボットアーム。ロボットアームがプロ棋戦で採用されたのはこれが初めて。

デンソーは産業用ロボットを手がける企業で、将棋電王戦をサポートする企業として、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア、日産自動車、ローソンに続く4社目となる。

第3回将棋電王戦でロボットが対戦、ただしアームのみ
ロボットアーム画像