日本 IBM は、インターネット セキュリティ脅威対策として、セキュリティ インテリジェンス ソフトウェア「IBM Security QRadar」によるセキュリティサービス「IBM Managed Security Information and Event Management」(IBM Managed SIEM)を発表した。サービス開始は3月18日。

IBM Managed SIEM は、企業全体のセキュリティ関連情報の相関分析で得た結果を活用しながら、IBM のセキュリティ専門家が脅威の検出やインシデントリスクの優先順位付けを迅速に行い、顧客の CSIRT(Computer Security Incident Response Team)が各種セキュリティに適切に対応できるように支援するサービス。

IBM Managed SIEM の参考価格は、運用フェーズで月額349万円(税別。100台の種々ログソースそれぞれから1秒間に10件のイベントが上がると想定した場合)。