先週の Linux Planet では、いくつかの興味深い出来事が発生した。そのなかには、Red Hat と Piston Computing 間で起きたちょっとした事件も含まれる。

1. Red Hat が Piston を締めだし?

Piston Cloud Computing は OpenStack の主要ベンダー。OpenStack 創始者の1人である元 NASA の Joshua McKenty 氏が率いる企業だ。2月21日金曜日午前、McKenty 氏は Red Hat から、Piston Cloud Computing が Red Hat Summit に参加できなくなった旨、連絡を受けた。同氏は Twitter に次の投稿をしている。

「Red Hat は Poison Cloud Commuting を締めだし、我々の支援金を返金してきた。オープンコミュニティもこれまでか?」

【LinuxTutorial】Piston が Red Hat Summit から締め出し?、OpenStack Havana ベースの「SUSE Cloud 3」登場、GNOME 3.12 は3月26日にリリース予定
Joshua McKenty 氏による投稿

Piston Cloud はすでに、Red Hat Summit に出展する準備を進めていた。McKenty 氏は次のように怒りをあらわにした。

「Red Hat Summit 支援から締め出されてしまった。彼らはもっと我々に礼を尽くし、初めから参加を断るべきだった。計画で多くの時間が費やされた」

Joshua McKenty 氏の投稿
Joshua McKenty 氏の投稿

Piston が OpenStack の分野で Red Hat と競合しているのは事実だ。だが過去の Red Hat Summit では、Poston 以外にも多くの OpenStack ベンダーが出展していた。

McKenty 氏によれば、Red Hat のマーケティング部門の誰かが、Piston を脅威と感じたということのようだ。だが Red Hat CTO である Brian Stevens 氏がこの問題を解決した。Piston は当初の予定通り、Red Hat Summit に出展できることになった。

Red Hat CTO である Brian Stevens 氏の投稿
Red Hat CTO である Brian Stevens 氏の投稿

2. SUSE Cloud 3

Piston は Red Hat Summit に出展するが、Red Hat のライバルである Linux ベンダー SUSE は出展しない。

 2. SUSE Cloud 3

2月20日、SUSE は SUSE Cloud 3 をリリースした。OpenStack Havana プラットフォームの企業レベルサポートを提供している。SUSE でクラウドソリューションマーケティングマネージャを務める Doug Jarvis 氏は、eWeek に対し次のように説明した。

「SUSE の意図は、SUSE Cloud としての安定性と企業利用における利便性を保ちつつ、可能な限り最新の OpenStack リリースを顧客に届けることにある」

3. GNOME 3.12 は3月26日に登場

GNOME の次のメジャーリリースは、現在ベータ段階に到達している。最終リリースは、3月終わりに登場する予定だ。GNOME 開発者である Matthias Clasen 氏は次のように述べている。

「我々の内部情報を入手したニュースサイトにより混乱が生じている。私はこれを正したい。我々は、3.12 のスケジュールを遅延させないと決定した。3.12.0 リリースは、予定通り3月26日に実施される」

Sean Michael Kerner
Sean Michael Kerner は、eWeek および InternetNews.com の主任編集者。