パナソニックは、同社の車載用ニッケル水素電池を用いた「12V エネルギー回生システム」が、日産自動車三菱自動車工業(三菱自動車)のアイドリングストップ車に搭載されると発表した。搭載車種は、軽自動車の「デイズルークス」(日産自動車)と「カスタム T」を除く「ek スペース」(三菱自動車)。

パナソニック、日産/三菱のアイドリングストップ車にニッケル水素電池システムを供給
左が日産「デイズルークス」、右が三菱「ek スペース」

アイドリングストップ車は、エンジン停止時でも空調などの消費電力をすべてバッテリから供給するため、バッテリの使用頻度が高くなる。12V エネルギー回生システムは、減速時の回生エネルギーの効率的な再利用による燃費向上、メインバッテリとなる鉛電池の長寿命化など、アイドリングストップ車の高機能化に貢献するそうだ。

システムの概要図と本体画像
システムの概要図と本体画像

システムの詳細は以下の通り。

電池:車載用ニッケル水素電池(単1形)10本
電圧:12V
容量:6Ah(公称容量)
サイズ:230×205×80mm
質量:約3.4kg

同社は今後も高性能電池および、電池制御を含めたシステムの開発/商品化を加速し、環境対応車用電池事業をグローバルに拡大にしていきたいという。