宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、陸域観測技術衛星「だいち(ALOS)」の観測データを活用し、世界最高精度で全地球の陸域を対象とするデジタル 3D 地図を整備する。精度は、水平方向および垂直方向とも 5m。2016年3月まで完成させ、地図製作に協力している NTT データを介し有償提供する。低解像度版は無償公開する予定。

「だいち」の衛星写真から 3D 世界地図を製作、解像度 5m は世界最高精度
デジタル 3D 地図のイメージ例(エベレスト)

製作する地図は、「全球高精度デジタル 3D 地図」(JAXANTT データ)として研究開発の取り組みを、地図整備や自然災害の被害予測、水資源の調査などに活用してもらおうと整備するもの。これまで技術実証の一環として1か月に約100枚のデジタル 3D 地図を作っていたが、全自動で月15万枚程度を作成できる見通しがたったことから全地球の地図を作ることにした。

今回、だいちのパンクロマチック立体視センサ(PRISM)で取得したデータをもとに、約300万枚の衛星画像を用いて地図を作る。水平方向が 5m、垂直方向が 5m の精度で世界中の陸地の起伏を表現できるという。さらに、撮影した画像の地形にともなう歪みを除去した正射投影画像の場合は、解像度が 2.5m に高まる。

デジタル 3D 地図の例(ブータン王国)
デジタル 3D 地図の例(ブータン王国)
左:正射投影画像(2.5m 解像度)
右:数値標高モデル(5m 解像度)

デジタル 3D 地図は、高さを示す数値標高モデル(DEM)と、水平位置を示す正射投影画像という2種類のデータで構成する。JAXA によると、米国がスペースシャトルの観測データを使って作った 90m 解像度のものと、米国と日本が共同製作した 30m 解像度のものが広く使われているそうだ。

解像度の低い例(ブータン王国)
解像度の低い例(ブータン王国)
左:(30m 解像度)
右:(90m 解像度)

なお、だいちは2011年5月に5年4か月間の運用を終えている。後継機「だいち2号」は2013年度の打ち上げ予定だが、まだ打ち上げていない。

だいち2号 (出典:JAXA)
だいち2号
(出典:JAXA)