京都電子計算(KIP)は、全国の地方公共団体向けに、 LGWAN 広域バックアップサービス「そないぶ」を開始する。

「そないぶ」は、LGWAN(総合行政ネットワーク)経由で、クラウド上のバックアップストレージにデータを保管できるサービス。地方自治情報センター(LASDEC)の認可を受けて、「LGWAN-ASP サービス」として提供されるバックアップサービスで、オンラインストレージサービスや、現行の LGWAN 接続環境を変更せずにバックアップを取得、運用管理、データ復元ができる環境を提供する。

「そないぶ」の全通信は LGWAN を経由し、インターネット網やその他のネットワークとは隔離され、高度なセキュリティが担保される。

KIP では、1985年から地方公共団体向け住民情報システムを開発/提供しているが、2011年の東日本大震災後、「そないぶ」の開発に着手した。「そないぶ」サービス開始は、2014年10月を予定している。

「そないぶ」公共団体ユーザーは、バックアップ対象のサーバーにエージェントソフトをインストール、管理画面からバックアップ/リストアを実行する。実行のタイミングは即実行のほか、エージェントによる自動実行も設定できる。

「そないぶ」は、データ管理基盤として、「データ保護」「アーカイブ」「レプリケーション」「データ解析」など、データ管理に必要な機能を持つ CommVault Systems の「Simpana」(シンパナ)を、データ格納先として EMC のユニファイドストレージ「VNXe シリーズ」を採用している。

ユーザー向け管理画面は「Simpana」のユーザーインターフェイスをベースに、KIP が地方公共団体向けに最適化した。

京都電子計算、地方自治体向けクラウドバックアップサービス「そないぶ」を開始
LGWAN 広域バックアップサービス「そないぶ」