シマンテックは、「Symantec Validation and ID Protection」(VIP)に、「VIP Access Push」(モバイルプッシュ認証)機能を追加した。ユーザーのオンライン上の個人情報を保護するのが狙い。

同社の国内でのアンケート調査の結果、金融サービスや決済サービスすべてで同じ1〜3種類のパスワードを使いまわしているネットユーザーは、全体の62%に上っていることがわかったそうだ。そこで、個人データの侵害、認証情報の紛失・不正入手、オンラインデータの流出などを防ぐために、2要素認証が重要になってきている。

VIP は、ユーザー名とパスワードの組み合わせのみによる認証を補強、ユーザーのオンラインアカウントを保護する製品。新機能の追加後は、オンラインアカウントにログインする際、VIP Access Push からのプッシュ確認を経て、モバイルデバイスで承認を得ることができるようになる。

VIP デバイス認証機能で、以前に認証されているデバイスかどうかを確認したり、リスクベースの認証機能で認証元情報を分析し、不正利用者からの操作でないかをチェックできる。