先端 IT 活用推進コンソーシアム(AITC)は気象庁の提供する気象警報、地震、津波情報などの気象庁 XML の幅広い活用を目的として、クラウド上で同情報を取得し利用を容易にする3種類の API を開発し、公開した。

公開された API で利用できるデータは、2012年12月より気象庁が試行的にインターネットを介して配信している「気象庁防災情報 XML フォーマット形式電文」の内容で、これまで気象庁が発表した防災情報も取得できる。これによりさまざまなクラウドサービスやクライアントアプリケーションから防災情報を取得できるようになるほか、過去から最新の防災情報データを参照、検索したり、アプリから呼び出せるようになる。

これまで気象庁から配信される防災情報を活用するには、受信側でサーバーを構築する必要があった。

データ形式は、XML 形式の他、JSON 形式でも取得できる。今回提供される公開 API の使用は以下から入手できる。

蓄積データ参照&REST API ( http://clk.nxlk.jp/78pav72N )
SPARQL クエリ発行 ( http://clk.nxlk.jp/NVZTZXkT )
WebSocket による配信 ( http://clk.nxlk.jp/puQSOSET )

「先端 IT 活用推進コンソーシアム」とは、企業における先端 IT の活用および先端 IT エキスパート技術者の育成を目指す団体。複数の企業が先端 IT 分野について共同で研究/検証/実証することで、先端 IT の適用サイクルを短縮し、同時に先端 IT に知見の深い技術者を育成することを目的とし活動している。