セイコーエプソン(エプソン)は、奈良県明日香村東京大学池内・大石研究室アスカラボと共同で、エプソンの新型スマートグラス「MOVERIO(モベリオ)BT-200」を用いた「古墳バーチャルガイド」の実証実験を、明日香村の石舞台古墳で2月22日より実施する。

エプソン新型スマートグラスを古墳で体験、石舞台古墳でバーチャルガイド実験
「古墳バーチャルガイド」のイメージ

明日香村および東京大学は、AR(拡張現実)技術を用いて古代飛鳥京を CG で復元する「バーチャル飛鳥京」プロジェクトに2004年から取り組んでいる。今回の実証実験はその一環として、メガネのように着用するウエラブル機器と AR 技術を組み合わせた 3D・全方位視点の CG 映像ガイドを希望者に提供するそうだ。

実験にあたり、エプソンは4月24日発売予定のシースルー型スマートグラス MOVERIO BT-200 10台を提供。明日香村はスマートグラスの利点や運用上の課題を評価し、バーチャル遺跡復元・観光ガイドサービスの実用化に向けた検討を⾏うとしている。

シースルー型スマートグラス「MOVERIO BT-200」
シースルー型スマートグラス「MOVERIO BT-200」

実証実験期間は2月22日から3月7日まで。スマートグラスの貸し出しは期間中の土日(2月22日・23日、3月1日・2日)のみ。なお、全日程でタブレット端末による古墳バーチャルガイドも体験可能。

タブレット端末による古墳バーチャルガイドのイメージ
タブレット端末による古墳バーチャルガイドのイメージ